会員プロフィール

お見合いでは先方について、どのような事柄が知りたいのか、どのような聞き方でその内容を取り出すか、あらかじめ思案して、己の胸中で推し測ってみましょう。

でもここで勘違いしちゃいがちなのが会員プロフィールでの検索です。
いろいろ検索していると自分本位なお見合いアプローチとなってしまい、あの人がイイけどこっちの人もイイとなり、いろんな人へお見合い打診となります。
しかし、全然釣り合ってない人へのお見合いとなってることもあり、結局はことごとく断られまくって婚活に断念する。。。こうなっちゃう人が結構多いのです。

あまたの婚活パーティーの中には、とりあえずお付き合いをしてみて、緩やかに結婚に辿りつくことを決めたいと思っている人や、最初は友人としてスタートしたいという人がエントリーできる「恋活・友活」というようなパーティーもだんだんと増加してきています。
周到な手助けがなくても、無数の会員プロフィールデータの中より独力でアクティブに進めたい方は、いわゆる「結婚情報サービス会社」でも適切ではないかと見なすことができます。
そもそもお見合いは、結婚の意志があってお願いするものですが、それでもなお慌ててはいけません。誰かと婚姻を結ぶというのは長い人生における決しておろそかにはできない重大事なのですから、調子に乗ってしてみるようなものではありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする